地震

3/11の地震から10日目を迎えました。

私の住む地域は津波による被害は免れましたが、

電気は丸4日間の停電、水道は未だ通っていません。

それでも家にいられるだけ幸せなんだと思います。


地震当日は、ラジオ以外の情報がほとんど得られず、

電話もつながらないため、家族との連絡すら困難。

夕方ワンコの散歩に出ると、川が不気味に増水。

旦那は仙台から自転車で帰宅。

懐中電灯のみで夕食を済ませる。

沿岸に割と近い実家のことを心配しつつ眠る。


深夜、よく眠れず、携帯電話のテレビを見る。

地震の大きさに比例して津波の被害がもの凄い事を知る。

実家の家族が心配でますます眠れなくなる。


翌朝、やっと届いたメールで家族の無事を知る。

しかし、父は一晩会社で過ごし、やっと帰ってきた事、

父も兄も車が流された事、兄のアパートが全焼した事、

などを知り愕然とする。


それからの生活は、近くのスーパーに何時間も並び、

点数制限の中必要最低限の物を仕入れる。

給水車で水をもらうにも長蛇の列。

ガソリンも10リットル入れるのに3時間待ち。

食料や水は若干改善されたものの、ガソリンだけはまだ

同じような状態です。

みんな、毎日を必死で生きています。



今日になって、親戚が亡くなったことを知りました。

どこに怒りをぶつけていいのかわかりません。

まだ行方が分からない方が大勢いるとの事。

できる限り家族のもとに戻れる事を祈っております。

ぴよこ的生活 16:30 comments(5)
COMMENT
ぴよこさん、お久しぶりです。

被災地の皆様、心からお見舞い申し上げます。
ぴよこさんは津波の被害に遭われなかったと聞きほっとしています。

現在、岩手(盛岡)にいる彼も無事で
すぐに連絡がとれました。
しかし、地震のあとライフラインがストップし
食べ物もなく、お風呂にも入れない日が数日続いたようです。
かといって、こちらから宅配を送ることもできず
とてももどかしい気持ちでした。

石巻の知人が行方不明と
今日になって知り、とてもショックを受けています。
ずっと連絡はとれませんでしたが、どこかで生きていると信じていたので…

テレビを付けるたび、被害がどんどん大きくなり
正直、テレビを見るのが怖いです。

少しでも多くの人がが助かってくれることを願うばかりです。
ほしっこ☆ 2011/03/22 7:39 PM
ほしっこ☆さん、コメントありがとうございます。

知人の方が行方不明とのこと、さぞかしご心配だとお察しします。
こちらはほぼ全ての学校が避難所になっているため、情報が錯綜しています。
学校だけでは足りず、公民館や体育館、お寺までも避難している方がいるそうです。
どうか良い知らせが届きますよう祈っております。
ぴよこ 2011/03/25 9:28 AM
ぴよこ様

大変、ご無沙汰しております。
この度の大震災、同県で、ご無事を確認し安心しております。
震災後、1週間位、ネットが繋がらなかったので・・・
気が付くのに遅れてしまいました。

幸い私は震災時、仕事上、沿岸部にいたものの命からがら逃げてきました。
『そんな大きい津波なんか・・・』来ないと思っていましたが・・・甘かった。
自分の財産を心配ばかりしていました。車、大型液晶TV・・・・。自分だけ(自己中)
どうする事も出来ないけど、震災に遭った者にしか・・・。
歴史的、大惨事に巻き込まれて生きてる事に頑張るしかありません。

避難生活してる被災者には申し訳ありませんが・・・
自分の趣味のアウトドアが活かせたのか・・・?
水道は風呂、洗濯用の井戸水を浄水器を通し井戸ポンプで使用。ガスはプロパン。電気は発電機。
仕事柄、燃料を取扱う関係で燃料不足も解消し
ライフラインが復帰までは食料も含め全て解消して生活してました。
被災当日から、お風呂も・・・入れてましたので被災者にも提供してました。
被災情報はカーナビのTVで得ていたりと・・・
大変、申し訳有りませんが震災生活とは思えないような日々を過ごしておりました。

道路も整備されつつあるものの最近の天気で乾いた砂埃が
黄砂の様になって花粉症に拍車をかけています。
至る所に流されてきた車やガレキが多く
道路も段差があり、ゆっくり走行しないとね〜。

地震で会社が無くなったり、解雇されたりと・・・報道されてます。
私も、こうして被災地で仕事にありつけているでけでも
感謝しながら復興に向け、日々、過ごしてます。

地震以外に原発問題、不安は多いが・・・・・・・・
復旧までの道のりは長い・・・けども
この震災を乗り越えなければ・・・・先は無いと思います。
お互い頑張りましょう!。
今週中には燃料事情も解消されるとは思うのですが・・・
ガソリン調達できますので・・・困った時は、ご連絡ください。

ヽ(~-~(。。 )ゝ元気だしやぁ〜.  ではでは
urlta 2011/03/30 7:27 PM
ぴよこさん。ご無事で何よりです。

私も、わりと海に近い方面に住んでおりましたが、無事です。
しかしながら、知人に不明者もおりますし、家が流された人もたくさんおります。

変わり果てた思い出の場所を目の当たりにし、言葉がありませんでした。

自分のライフラインが整わない事にいらだったり、せっかく復旧しかけた矢先の大きな余震。。一喜一憂の日々です。

もっともっと辛い思いをしている方々はたくさんいらっしゃるので、自分ができる限りの事をやっていくしか無いとは思うのですが。。

心が折れそうになったりもしますが、無理に頑張らず、辛い時は辛い!いらだつ時はいらつく!そうしようと思いました。道のりは長いですからね。。

ぴよこさん、これからもマイペースでいいので、ブログ続けてくださいね。

本当に、ご無事で良かったです!!
むっく 2011/04/09 8:30 PM
>urltaさん

お返事遅くなってしまってごめんなさい。
大きな余震もありましたが大丈夫でしたか??

車でたった何分かの所が変わり果てた光景になって
いるのが、未だに信じられません。
でも、Youtubeとかで実際に近くにいた方の動画を
見たりすると、現実なんだなと感じます。


今回は本当にアウトドア用品が活躍しましたね。
水のタンクにキャリー、ガスボンベ、ガスコンロ、
ランタン、などなど。
ウチは発電機がなかったので、5日間ロウソクを
灯して過ごしていました。
燃料はなるべく使わず、リュックを背負って自転車
で爆走し、買い物などに行っていました。
水だけは本当に大変でしたが、給水ポイントが近く
にあったのと、もっと不便な思いをしている人も
いるんだから、行列でも何でも頑張ろうと思えました。


原発問題もお隣の県なだけに、非常に心配ですね。
復旧に頑張ってくれている人の身体も心配です。

私達も、自分のできる範囲で頑張りましょう。



>むっくさん

むっくさんもご無事でよかった。
7日の余震、大きかったですね。ウチはまた停電と断水でした。

確かに、イライラする感情まで抑えていては身体が持ちません。
大変だっていう思いの丈を、ご近所さんや友達と話したりする
だけでも少し気が紛れますね。


ライフラインが復旧して、電車もようやく走り出したと思ったら
余震でまた運休。バスも激混み。
一進一退の復旧ですが、あの日よりは確実に良くなっている。


力を合わせられない時だってあります。
そんな時は少し離脱して休憩しちゃいましょう。
頑張るためには体力も精神力も必要なんです。
ぴよこ 2011/04/11 11:00 AM









Tropical fruits 管理人の徒然blog
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other